ねずみ屋根裏に対処するには

ねずみ屋根裏に個人で対処するには侵入経路を封鎖してねずみを捕獲し、忌避剤を散布するなどの作業を行う必要があります。

近年では超音波でネズミを退治する装置も市販されていますが、効果的にねずみ屋根裏に対処するためには一定の経験が必要になります。

特に重要となるのは侵入経路の封鎖です。



捕獲作業など他の作業を行う前に侵入経路の封鎖を行わないと再び侵入される可能性があります。
まず徹底的な侵入経路の封鎖を行ってから粘着シートや罠を仕掛けることが重要です。

罠にはバネ式とカゴ式があり、ホームセンターや通販サイトなどで市販されています。

朝日新聞デジタル情報が絶対見つかります。

粘着シートを仕掛ける場合にはねずみの通り道に正確に設置する必要があります。
また粘着シートや罠を仕掛けた場合にはねずみを生け捕りにすることになりますが、個人で作業を行う場合には自ら処分します。


専門業者に依頼すれば全ての作業をやってもらうことができるので効率的です。


ねずみは非常に賢い動物なので、駆除しきれず残る事例が多く見られます。


そのため侵入経路の封鎖と捕獲が終わった後に毒エサを設置します。
残った個体を全て駆除し終わるまでには数か月が必要となります。ねずみ屋根裏に対処するには作業がしづらい場所で駆除を行うことになるので、余裕がない場合には専門の駆除業者に依頼するのが合理的です。

駆除業者に依頼した場合には作業によってほぼ全てのねずみを退治できますが、一般的に作業後も一定期間アフターケアが行われます。